さくまんのサブカル生活

さくまんの好きな映画、アニメ、漫画などのサブカルチャーな生活をご紹介

宙に浮く!銀河鉄道999 フローティングモデル【ふるさと納税 愛知県碧南市】

今週のお題ふるさと納税

 

 今週のお題は「ふるさと納税」ということで、普段はカニとか、お肉とか、フルーツなどの地域の特産品をいただくことも多いのですが、変わったものはないかなと探してみると、なんとこんなものが。

宙に浮く!銀河鉄道999 フローティングモデル

愛知県の碧南市へのふるさと納税でもらえるものらしいですが、

Nゲージサイズの銀河鉄道が、磁石の力でまるで飛び立つように宙においてディスプレイできるというものだそうです。

碧南市にあるノエルコーポレーション(http://noel.ac/)という会社が作っているということで、碧南市ふるさと納税の返礼品になっているようですね。

この会社はJR東海の宙に浮くリニアの模型も作っているみたいで、その技術を応用して銀河鉄道999もつくったんだとか。

おもしろいアイデアですね。

さとふる

 

 AMAZONとかでも買えるみたいです。

 

 銀河鉄道999といえば、やっぱりメーテル

また見たくなったなぁ。

銀河鉄道999 [Blu-ray]

銀河鉄道999 [Blu-ray]

  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: Blu-ray

 

さくまんのおすすめはU-NEXT 映画、アニメ、雑誌が見放題

 

 

マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』

NHK BSプレミアムマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』が放送されているのを観た。

 

マイケル・ジャックソンは、スリラーとムーンウォークかよく真似してしってはいたけど、そんなに好きかっていえば、そうでもなかった。

なので、亡くなったニュースを見ても、大変なことが起きて、とても残念だとは思ったけど、そのくらいの感情でしかなかった。

マイケル・ジャクソンが亡くなって、数年が経ち、ある時友人たちと、バーで飲んでいた時に、そこのバーのテレビにマイケル・ジャクソンのプロモーションビデオが次々と流されていた。友人たちと私も話をするのを忘れて、思わず魅了されてしまうくらいのパフォーマンスはまさにスーパースターで圧倒出来だった。

そんな経験があり、マイケル・ジャクソンには少なからず、興味があって、この『THIS IS IT』はいつか観てみたいと思ってたので、放送されたので早速視聴。

 この映像を見て思い出したけど、そういえばマイケル・ジャクソンは裁判などもあり、しばらくコンサートなどからは遠ざかっていたのを思い出しました。。それで、このTHIS IS ITが復活公演でその直前で、亡くなってしまったのでこれが、最後の映像で、コンサートは幻に終わってしまったんですね。

なので、映像はリハーサルで残されたもの。

しかし、これが本当にすごい。マイケルの復活公演にかける情熱、圧倒的な歌とダンス。また、まわりの超一流のアーティストなどが、コンサートを作り上げていく姿が克明に記録されている。エンターテイメントを仕事とする人は、絶対見たほうが良い作品ですね。

録画しながら見ていたので、あとから見るつもりでちょっと試しに見てみようとおもっただけなのに、目が離せなくなってしまうくらい圧倒的でした。

これを見て、マイケル・ジャクソンのリアルな姿をもっと見ておけばよかったと思わされるくらいで、本当に人類は大きな宝を失ったんだと感じるくらいです。

 

配信でみられるか調べてみましたが、2021年1月現在。NETFLIXでは配信されているようです

https://www.netflix.com/jp/browse/genre/52852

音楽・ミュージカル

傑作ミュージカル映画、上質のドキュメンタリー、そしてクラシックコンサート。子どもも大人も音楽の世界にどっぷりひたれる映画やTV番組を集めました。

 
AMAZON Prime Videoでは2021年現在見放題配信はなく、299円でレンタルか、1,019円で購入もできるみたいです。これは永久保存版で何度も見返したいので、やはり購入ですかね。 

アニメ『EX-ARM エクスアーム』

アニメ『EX-ARM エクスアーム』が1月から放送開始しています。

これの原作漫画は結構好きで読んでたので、アニメ化も楽しみにしていました。

 

1月から放送開始してます。

TOKYO MX 2021年1月10日より 毎週日曜日25:05~

サンテレビ 2021年1月10日より 毎週日曜日25:30~

BSフジ 2021年1月12日より 毎週火曜日24:00

 

Amazon Prime Video 2021年1月10日(日)25時35分~ 見放題独占配信スタート!

 

公式サイトは以下。なかなかかっこいい絵柄ですね。

TVアニメ『EX-ARM エクスアーム』公式サイト

2014年、機械嫌いの高校生・夏目アキラは自分を変えたいと思い一歩を踏み出す。が、トラックに轢かれる──。そして2030年東京港湾部、未知の兵器『EX-ARM』取引現場に潜入した警察・上園美波とアンドロイド・アルマのコンビを『EX-ARM』No.08を装備した敵が襲う。彼女たちは起死回生を賭け、敵から奪った『EX-ARM』No.00を起動させるが…!?

 

アニメ『EX-ARM エクスアーム』はAmazon Prime Videoで配信中です。 

EX-ARM エクスアーム

 

で、早速楽しみに見たのですが、

なんじゃこりゃ!って感じです。

メインのキャラクターたちがCGで描かれていて、なんと無表情な。

まるで、10年前の3DCGのゲームのような感じになってしまっています。

アキラも美波もアルマももっと原作では表情豊かで、やわらかな線で魅力的に描かれているのですが、その良さがまったくない。

おまけになぜか、メインキャラ以外は普通のアニメになっているので、違和感ありまくりだし、モブキャラのほうが表情が豊かってどういうこと!?

古味慎也 先生もよくこんなんでOKしたなという感じです。

はなしもだいぶはしょられているようで、大事な第1話での宗像香織さんとの出会いが描かれていない。

アニメから入った人はなんて駄作なんだ!

と思ってしまうかもしれないのがとても残念です。

あんなCG使うくらいだったら、静止画をうまく使って仕上げてくれたほうがよっぽどよかったんじゃないかと思います。

 

Twitterでも、笑えるくらい作画がひどい!

と、逆にひどいもの見たさで話題になっているくらい。

原作のファンとしてはちょっと辛いです。

 

でも、ストーリーは面白いので、絵柄は気にせずストーリーが面白いなと思ったら、ぜひ原作を読んでください。美波ちゃんも、アルマもとっても色っぽくてかわいいです。

実は、古味慎也 先生は 『ウイングマン』や『電影少女』を描いた 桂正和 先生のアシスタントをされていたんですね。通りで女の子を描くのが上手いはずです。

ぜひ、原作を読んでお口直ししましょう。

 

ジャンププラスで最初の5話分が無料で読めます。

[第1話]EX-ARM エクスアーム リマスター版 - 古味慎也/HiRock | 少年ジャンプ+

<1巻分無料!!>※キャンペーン期間:1/31まで※ 2014年、機械嫌いの高校生・夏目アキラは自分を変えたいと思い一歩を踏み出す。が、トラックに轢かれる——。そして2030年東京港湾部、未知の兵器『EX-ARM』取引現場に潜入した警察・上園美波とアンドロイド・アルマのコンビを『EX-ARM』No.08を装備した敵が襲う。彼女たちは起死回生を賭け、敵から奪った『EX-ARM』No.00を起動させるが…!?

 
気に入ったらコミックも買いましょう!
 
本編のスピンアウトもあります。
本当の 美波 や アルマ は漫画の扉絵のような感じなんですけどね。
ほかにも後日談が最近連載が始まっているので、まだまだ楽しみです。

さくまんのおすすめはU-NEXT 映画、アニメ、雑誌が見放題

 

『進撃の巨人』 The Final Season: ミカサがゴツイ

進撃の巨人 』The Final Seasonもいよいよ、リヴァイやミカサらのパラディ島の面々や立体機動装置も登場し、前作と話がつながり始めました。ますます楽しみになってきました。

 

しかし、ミカサはちょっとゴツすぎるだろ。
もうちょっと可憐な感じに描いてほしかった気がする。これじゃあ男みたい。
まあ超人には違いがないんだが。

 

公式Twitterのキャラクター情報。

 

ほかにもおなじみのキャラの新設定が紹介されていました。

リヴァイやコニーは精悍さは増しているものの、イメージはそのままな感じだけど、サシャとかは、盗み食いをしてたころからは想像がつかないような姿になっている気もする。

 

MAPPAからもミカサの原画が公開されてました。
やっぱり女じゃない。

 

とはいえ、今回は敵か味方が今ひとつわからない存在でもあるので、こんな感じのキャラ設定でもいいのかも。今後のストーリー展開がますます楽しみではあります。

 

 

進撃の巨人 The Final Season はU-NEXTで配信中です。

進撃の巨人 The Final Season

配信情報は2020年12月時点の情報です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 

 

さくまんのおすすめはU-NEXT 映画、アニメ、雑誌が見放題

 

映画『スタンド・バイ・ミー』

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

このお題で思い出すのは映画『スタンド・バイ・ミー

少年たちがなぜか「死体」を探しに行くという、この映画の主題歌 ベン・E・キング
スタンド・バイ・ミー』の爽やかな感じからはちょっとびっくりするような冒険をする物語。名作だから見ている人も多いですかね。

このひと夏の冒険を大人になってから振り返っているというストーリだったと思いますが、少年時代の思い出を「思い出」として語れるようになったら大人なんだなと感じてしまいます。

このお題を見たときにこの映画が真っ先に思い浮かびました。

 

この映画の主人公の親友のリバー・フェニックス演じるクリスくんが、とことんかっこいいんだよなぁ。この親友が大人になって亡くなったという知らせから、少年時代の冒険を思い出すというストーリーなんだけど、大人になるといいことも悪いこともいろいろ知って、なんであの時はあんな馬鹿なことをやっていたんだろうと、つい振り返ってしまいます。 

 

実は最初観たときは冒険の目的がしたいというところが今一つ意味が分からなかったんですよね。とにかく何かを探しに冒険しているということだけはわかっていたのですが、死体を見つけるシーンでは、なんでこんなところで事故にあった人がでてくるんだろうって思っていた。これも今となっては「思い出」といってもいいのかな。

そんな、大人になった今、昔を思い出させてくれる映画です。

 

映画『スタンド・バイ・ミー」はU-NEXTで見放題配信中です。

(2021年1月現在)

スタンド・バイ・ミー

 

スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー

  • 発売日: 2020/04/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

さくまんのおすすめはU-NEXT 映画、アニメ、雑誌が見放題

 

ムトゥ 踊るマハラジャ

年末にNHKで年越しミュージカル特集として、何本もミュージカル映画が放送されていた。その中で異彩を放っていたのはやはり、インド映画『ムトゥ 踊るマハラジャ

これも先日紹介した『アポロ13』と同じ、1995年公開だから、すでに25年も前の作品。日本での公開はもう少し後だったけど、テレビで面白いと紹介されて映画館に見に行った。

インド映画は初めてだったけど、なんだこの主人公役のクレジットにある「スーパースター」ってのはと笑っていたのですが、どうしてどうして、映画の世界にすっかり引き込まれてしまって、主役のラジニカーントに「よっ!スーパースター!」と声をかけたくなるくらい魅了されてしまった。

ヒロイン役のミーナも健康的な美しさで、二人のダンスはとても楽しく、何度でも見たくなる感じで、2度も映画館で見てしまった上に、DVDも買ってしまった。

それほど、惚れ込んだ本作が、デジタルリマスターで放送されると聞いて、これは見ねばということで久しぶりに視聴。

さすがに古さもあるけど、やはり楽しい。特にダンスシーンは秀逸だ。

これはミュージカルといえるのかという突っ込みもしたくなるが、この特集に入れて放送してくれたNHKには感謝である。

ブラボー!マサラムービー

 

ムトゥ 踊るマハラジャ』はAmazon Prime Videoでデジタル・リマスター版が配信中です。(2021年1月現在)

 

そのほか

TSUTAYA DISACSのようなレンタルサービスを利用するか、DVDを購入して観るなどの方法もありますね。

TSUTAYA DISCAS

 

ムトゥ 踊るマハラジャ 4K&5.1chデジタルリマスター版 Blu-ray

 

 

 

さくまんのおすすめはU-NEXT 映画、アニメ、雑誌が見放題

 

映画『アポロ13』

あけましておめでとうございます。 

今年もよろしくお願いします。

まだまだコロナの終息が見えませんが、今年こそは普段通りの生活ができるようになってほしいものです。

 

みなさんは年末年始はどのようにお過ごしでしょうか。

巣ごもりしているときは映画などを楽しむのが一番ということで、この年末年始にはいろいろと映画を見ました。その中で、特に印象に残ったのは『アポロ13』

以前にも見たことはあったのですが、あらためて見て感動しました。

最後のシーンでは思わず涙ぐんでしまいます。

 

それにしてもこの映画も、もう、25年も前の映画になるんですね。

事件が起こったのが映画公開から25年前の1970年。そこからすでに25年。

なんと50年前の事件のお話です。

事件の関係者の多くが、まだNASAで働いているというナレーションもありましたが、

そこから25年。さすがに現役の方はいなくなるくらい時間がたっています。

 

あらためて見てみて、ホントに奇跡的な事件だし、演出が過ぎるんじゃないかというところも事実だったりと、驚かされるところがたくさんありました。

13時13分の打ち上げだったり、主人公のジム・ラベル船長の奥さんが、指輪をなくすシーンとか、演出ならやりすぎだろうと思うところですが、現実に起こったところというのは本当に驚きですね。

 

U-NEXTで見放題配信をしています。

アポロ13

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

この事件は、ずいぶん昔に立花隆さんがナビ―ゲータでドキュメンタリでやっているのをみて、感動した記憶があります。

特に、管制官ジーン・クランツさんの危機的な状況でも常にクールに判断をするところなどは大変感銘を受けました。

映画でもその雰囲気そのままによく再現されている感じでした。

 

 

宇宙からの帰還 (中公文庫)

宇宙からの帰還 (中公文庫)

  • 作者:立花 隆
  • 発売日: 1985/07/10
  • メディア: 文庫
 

 

 

 

さくまんのおすすめはU-NEXT 映画、アニメ、雑誌が見放題